エントリーシート

就職活動において、企業に応募する際、最初に提出するのが「エントリーシート」です。エントリーシートは企業が応募者について詳しく把握するためのもので、エントリーシートの提出を持って正式な応募となります。エントリーシートは最初の関門であり、内定を獲得するうえでとても重要な書類です。ここではエントリーシートの概要や効果的な書き方についてご紹介します。

エントリーシートとは?

エントリーシート(ES)は、就職活動で企業に応募するときに最初に提出を求められる書類の一つです。面接の場面で参考資料として使用されることもあります。エントリーシートのフォーマットは企業によって異なり、質問内容なども様々ですが、一般的には氏名や大学名、連絡先などの基本情報に加えて、その企業への志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことなどを記入するケースが多くなっています。

エントリーシートの入手方法と提出方法

エントリーシートの入手方法は様々です。企業のホームページからダウンロードしたり、直接ウェブ上から記入するケースもありますし、会社説明会などで配布されたり、エントリー後に送られてくる資料の中に同封されていることもあります。

また、エントリーシートの提出方法も企業によって異なります。メールに添付して送る場合もあれば、郵送の場合もあります。企業が指定した方法で提出するようにしましょう。

エントリーシートの書き方

エントリーシートの記入項目は企業によって様々ですが、最も多いのが下記の3つです。そこで、ここではそれぞれについて、効果的な書き方についてご紹介します。

  1. 志望動機
  2. 自己PR
  3. 学生時代に頑張ったこと

志望動機

志望動機は、企業の採用担当者がとても重視するポイントです。採用担当者が魅力的に感じる志望動機を書くためには、「事前の詳細な企業研究」と「説得力のある理由」の2つが欠かせません。

志望動機を書く前に、まずはしっかりと応募企業のことを研究し、業界や企業の特徴について正しく理解しましょう。理解が浅かったり間違っていたりすると、的外れな志望動機となってしまい、採用担当者の印象が悪くなります。

また、志望動機には、説得力のある理由が必要です。説得力を持たせるためには、業界への志望動機だけではなく、同じ業界の中でもなぜその企業でなければだめなのかをしっかりと記入すること、そしてその理由を自分の個人的な経験や興味と結びつけることが重要です。

自己PR

魅力的な自己PRを書くポイントは、「相手がどんな人材を求めているのかを理解すること」と、「具体的なエピソードとともに自分の強みをアピールする」という2点です。

自己PRは、単に自分の強みを一方的に説明すればよいというものではありません。採用担当者の目に留まる自己PRを書くためには、まず相手がどんな人材像を求めているのかをしっかりと把握しましょう。企業が求める人材像については、企業のホームページやOB訪問、業界動向などをもとにして推測します。

企業が求める人材像を理解したら、自分が持っている強みのなかから求められている人材像にマッチしている強みを一つだけ絞り込みます。そして、その強みを最初に結論として記入します。

次に、その強みを発揮したエピソードをより具体的に説明します。エピソードをより魅力的に書くポイントは、固有名詞や数字を入れることです。そのうえで、最後にその強みを仕事内容にどのように活かせるのかを添えて、自己PRを終えます。

学生時代に頑張ったこと

学生時代に頑張ったことについて聞かれた場合、学業、アルバイト、サークル、旅行など、学生時代に特に自分が力を入れて取り組んだことについて詳しく記入します。まずはしっかりと自己分析を行い、自分が何を頑張ったのかを整理しましょう。

ここでも、自己PRと同様にアピールする内容は一つに絞り込みます。そのうえで、頑張ったことを具体的に記載し、なぜ頑張ることができたのか、その結果としてどんな成果が得られたのか、どれだけ成長することができたのか、などについて詳しく説明しましょう。成果については、数値や表彰など具体的に示すことができる内容があれば積極的にアピールしましょう。

エントリーシートを書くときの注意点

エントリーシートを書くときは、下記の点に注意しましょう。

  • 手書きの場合、丁寧かつ綺麗に書く
  • 誤字・脱字がないかをチェックする
  • 空欄のまま提出しない
  • 記入後はコピーをとっておく
  • 締切日に余裕をもって提出する

手書きのエントリーシートの場合、事前に下書きなどをしたうえで、丁寧かつ綺麗な文字で記入することを心がけます。修正液の利用などはNGです。また、記載し終わったら誤字・脱字がないかを入念にチェックしましょう。なお、たとえ回答が難しい質問があったとしても、空欄のまま提出することは避けましょう。志望動機が低いととられてしまいます。

そして、エントリーシートの記入後は、手元にコピーを残しておき、面接前などに改めて見直すことができるようにしておきましょう。最後に、エントリーシートは締め切りに間に合うよう、余裕を持って提出するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?エントリーシートは合否を左右するとても重要な書類の一つです。特に志望度が高い企業のエントリーシートの場合、提出前に友人や家族、先輩などに見てもらい、客観的な視点から添削をしてもらうのもおすすめです。ぜひ、魅力的なエントリーシートを作成して就職活動の第一関門を突破しましょう!

「外国人留学生のための就職活動ガイド」の一覧を見る