【外国人求職者向け】日本で接客・販売の仕事をするメリット・デメリットは?

外国人の皆さんが日本で初めて仕事を探すときは、接客・販売職を検討する方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、接客・販売職のメリットとデメリットについて説明します。

  1. 接客・販売の仕事の種類
  2. 接客・販売は就労ビザが降りる?
  3. 接客・販売の仕事のメリット
    1. 未経験でも働ける
    2. 日本語の上達ができる
    3. 母国語を活かせる
  4. 接客・販売の仕事のデメリット
    1. シフト制で生活リズムが不安定
    2. ほかの職種に転職しにくい
    3. 給料は低め
  5. 接客・販売の仕事はどんな人におすすめ?
  6. まとめ

1.接客・販売の仕事の種類

接客・販売は、対面でお客様に商品を売ることや、サービスを提供する仕事です。日本の接客・販売の仕事には、ホテル・飲食店・免税店など、海外からの観光客の対応をすることも多いです。そのような職場では、外国人の採用ニーズが高いため、就職しやすい業種といえるでしょう。

2.  接客・販売は就労ビザが降りる?

外国人が特に気を付けないといけないポイントは、接客・販売の仕事では、就労ビザが降りる場合と就労ビザが降りない場合があることです。

接客・レジ・在庫管理などのお仕事は単純作業とみなされているため、就労ビザが降りないことが多いです。ただし、下記のいずれかの条件を満たして、仕事内容を十分に説明できる資料を出入国在留管理局に提出できると、接客・販売のお仕事でも就労ビザが降りる場合があります。

・語学力を活かせる、通訳翻訳などがメインの業務内容
・総合職として採用されているが、現場での経験が必要

3.  接客・販売の仕事のメリット

未経験でも働ける

日本で働いた経験がない、もしくは接客・販売の経験がない外国人の方でも、接客・販売の仕事につくことが可能です。日常会話レベル以上の日本語と、お客様に寄り添うホスピタリティという二つの条件さえクリアできれば、日本で働くチャンスがたくさんあります。

日本語の上達ができる

日本で初めて働くとき、日本語のスピーキングとリスニングはそれほど上手ではない方が多いのではないでしょうか。日本語のスキルアップをしたい場合は、日本人と話すことが一番早い上達につながるので、接客・販売の仕事はおすすめです。接客・販売で使われる日本語は、定型的な日本語が多いため、日本語に自信がなくても仕事ができます。一方、ポジションによってはお客様からのさまざまな要望に対応する必要があるので、上級レベルの日本語を身につけるチャンスもあります。

母国語を活かせる

海外から日本にくる観光客や、日本で暮らしている外国人の数は毎年増えています。そのため、多くの飲食店や百貨店では、外国語でお客様に対応できるバイリンガルスタッフを採用しています。海外からの観光客が多く訪れるお店で働くと、母国語を活かす機会があります。また、自分の母国の方を含め、いろいろな国から来たお客様と交流することができるので、日本語以外の外国語を活かすチャンスや、上達させるチャンスもあります。

4.  接客・販売の仕事のデメリット

シフト制で生活リズムが不安定

接客・販売は、お客様が休んでいる時に働く職種なので、土日や夜に仕事をすることが多いです。そのため、友達や家族が休んでいる時に働かないといけないというデメリットもあります。さらに、飲食店やホテルでは夜遅くまで働くことも多いので、生活が不規則で体調を崩しやすいです。ただし、遊園地や観光地が混雑していない平日に休みを取って、遊びに行くことができるメリットもあります。

ほかの職種に転職しにくい

接客・販売は、未経験でも働けるぶん、語学力とコミュニケーション能力以外のスキルを身につける機会が少ないです。接客・販売の仕事を経験した外国人が、キャリアアップをしたいとき、よく選ぶ職種は営業・事務です。しかし、日本の営業・事務などオフィスワークの中途採用は、その職種の経験者のみ採用する場合が多いです。そのため、同じ業界でいままでの経験を活かせる仕事ではないかぎり、接客・販売以外の職種に転職することは難しいでしょう。

給料は低め

ほかの職種と比べたら、接客・販売職の給料は低めです。また、働いた年数によって仕事内容はそれほど変わらないため、昇給も少ないです。独身の場合はさておき、日本で子育てや介護をしている方は、接客・販売の給料だけでは生活しにくいかもしれません。

5.接客・販売の仕事はどんな人におすすめ?

以上のメリットとデメリットからみると、接客・販売の仕事は以下のような方におすすめできます。

・日本語を上達したい人
・母国語を活かしたい人
・シフト制で働ける人
・これからサービス業でキャリアアップしたい人
・自分のお店を開きたい人

6.まとめ

接客・販売は、日本で働く初めてのステップとしてはいいチャンスですが、向いている人と向いていない人がいます。自分のスキルと将来のキャリアをしっかり確認して、仕事を選んでいきましょう。

仕事を探す方法の一覧を見る

The following two tabs change content below.
氷村

氷村

中国出身。2019年に新卒でゴーリストへ入社し、外国人人材事業でキャリアコンサルタントを担当。jopus編集部に所属しながら、Webマーケティング、財務を兼務。外国人ならではの当事者目線で、日本で就職する外国人が気になる情報を分かりやすくお届けします!
氷村

最新記事 by 氷村 (全て見る)