卒業後の就職活動について

大学や専門学校の卒業までに就職先が決まらなかった場合はどうなるのでしょうか?法務省では、外国人留学生の方が卒業後も就職活動を継続できるような仕組みを用意しています。ここでは、卒業後の就職活動について詳しくご紹介します。

卒業後1年目の就職活動

大学や専門学校の卒業後、「留学」の在留資格で定められている在留期間の満了後も日本に残って就職活動を継続したい場合、在留状況に問題がなく就職活動の継続にあたって卒業した教育機関からの推薦などがある場合、就職活動を行うための在留資格「特定活動9」への変更が認められます。この在留資格の期間は6ヶ月となっており、さらに1回だけ在留期間の更新が認められるため、大学などを卒業後も最大1年間は就職活動を継続することが可能です。対象や提出書類などについては下記から確認可能です。

法務省:特定活動9

卒業後2年目の就職活動

在留資格を変更して1年間就職活動を継続している留学生は、地方公共団体が実施する就職支援事業(政府の設定する要件に適合するものに限る)の対象となり,地方公共団体からその事業の対象者であることの証明書の発行を受けて、同事業に参加してインターンシップへの参加を含む就職活動を行うことを希望する場合は、さらに最大1年間滞在を延長することが可能です。

就職活動中のアルバイトについて

上記で挙げた1年目、2年目のいずれの場合においても、一定の要件を満たせば資格外活動の許可を受け、週28時間以内でアルバイトに従事することも可能です。また、就職活動の一環として行うインターンシップの場合などは、週28時間を超える資格外活動の許可を受けることもできます。

【参照サイト】大学等を卒業後就職活動のための滞在をご希望のみなさまへ

「外国人留学生のための就職活動ガイド」の一覧を見る