【外国人求職者向け】広報として働くには?仕事内容と求められるスキルを解説

日本で転職を考えている外国人の皆さんの中には、広報の仕事に興味がある方もいるのではないでしょうか。近年、日本企業の海外進出により海外広報のニーズが高まりつつあります。そこで今回は、広報の仕事内容や年収必要なスキルなどについて説明します。日本で広報として働きたいと思っている外国人の皆さんは、ぜひ参考にしてみてください。

広報とは

広報とは、一般企業などの組織が扱うサービスや商品、活動などのイメージ向上を目的に、それらに関する情報を世の中に発信する仕事です。自社と世の中の人々との関係性を築くことが主な役割で、会社のことを誰よりも理解している必要があります。
その仕事内容は幅広く、具体的には、テレビや雑誌などのメディア対応、報道関係者向けのプレリリース作成、会社案内制作、社員向けの情報発信やトラブル時の対応などがあります。近年は、より広報に力を入れる企業が増えており、実力のある広報担当者の価値はさらに高まっていくと見込まれます。

広報の年収

求人情報・転職サイトdodaの集計によると、2019年の広報の平均年収は476万円でした。年代別にみると、20代は374万円、30代は483万円となっており、全体から見ても平均的もしくはやや高い水準だといえるでしょう。また、30代以降は、年齢や役職などによって年収に大きな開きが出てくるようです。

日本企業が外国人広報を採用したい理由

日本企業の海外展開により、外国人を広報として採用するケースが増えているようです。海外メディアとの橋渡し役として、英文リリースや海外メディアを招待した際の対応などを担当するため、母国語レベルの語学力に加えて、ビジネスレベルの日本語力も必要となります。また、一般的な読み書きだけでなく、社外向けのライティング経験があるとさらにアピールできるポイントとなるでしょう。
広報の求人募集は中途採用が多く、企業は求職者に即戦力を求める傾向にあるため、宣伝プロモーションや広報、もしくは広告代理店やPR会社などでの勤務経験を必須要件とする求人が多いようです。

広報に求められる能力・スキル

文章作成能力

広報の基本的な役割は、伝えることです。プレリリースの作成や、原稿の用意など、自社の情報を適切に発信するためには文章作成能力が重要になります。母国語の文章力は必要不可欠ですが、日本語力を磨くことで業務の幅が広がるため、企業により能力をアピールできます。

コミュニケーション能力

広報の仕事は、社内の人だけでなく、マスコミ関係者や一般生活者など幅広い人々と双方向のコミュニケーションを行います。自社の取り組みや製品、サービスを広報として適切に伝えるには、人を惹きつける言葉や応対、相手の求めていることを汲み取る力などのコミュニケーション力も必要です。また、相手やその場に合った言葉選び、挨拶や敬語などのビジネスマナーも求められるため、営業や接客業務などの経験が活かせる職種でしょう。

情報収集力

業界の情報や最新トレンドなど、社会の動きにも目を向け、多くの情報を集める必要がある広報にとって、情報収集力は必要不可欠なスキルと言えます。鮮度ある情報を継続的にキャッチアップすることが求められるほか、自社の製品やサービスが今の時代に受け入れられるかどうかや、世の中に提供するメリットなどを客観的に見極める力も求められます。

広報として働きたい人におすすめする転職サービス

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。取り扱い求人数は20万件と業界最大で、転職支援実績も41万人と業界トップの実績を誇ります。日系グローバル企業の求人や、外資系企業の求人も多数取り扱っており、語学力を生かして活躍できる高年収の求人も数多くあります。また、転職サポート体制も充実しており、業界・職種別のキャリアコンサルタントによる履歴書添削アドバイスや面接セミナー、求人票には掲載されていない各企業の詳しい情報が分かる「AGENT Report」という独自レポートもあります。転職エージェントを活用して仕事探しをする場合、まず登録しておきたいエージェントです。

詳細ページを見る公式サイトを見る

JAC Recruitment

JAC Recruitmentは日本で30年以上の歴史があり、これまで43万人以上の転職支援実績がある株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する転職支援サービスです。英国、ドイツ、日本、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、韓国、香港、ベトナム、インドに広がる独自のグローバルネットワークを駆使した日系・外資系企業、大手・優良企業での転職サポートで豊富な実績があり、専門領域に特化したコンサルタントがあなたの経験や能力を正しく把握し、適切なアドバイスと最適なキャリアを提案してくれます。年間約67,000人が登録するJAC Recruitmentは、2017年のNTTコムオンライン NPS(R)ベンチマーク調査 転職エージェント部門で「薦めたい転職エージェントNo.1」に輝くなど、多くの求職者から高い評価を得ています。

詳細ページを見る公式サイトを見る

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズは、世界30カ国の主要都市にオフィスを構え、日本では主に外資系・日系グローバル企業におけるバイリンガルの転職において約20年の支援実績がある転職支援サービスです。グローバル企業からベンチャー企業、中小企業まで幅広い企業と取引があり、多岐にわたる業界・職種の求人を保有し、各分野で豊富な知識を持つキャリア・コンサルタントがあなたの経験や適正に合った求人を紹介してくれます。また、キャリア・コンサルタントは転職の準備段階から応募、面接・内定まで転職に必要な活動をフルサポートしてくれるので、効率的に転職活動を進めることができます。グローバル企業への転職希望者から人気が高く、日本では正社員のみならず派遣・契約社員のキャリアアップもサポートしており、語学に堪能な人材や専門分野で高い能力を持っている方でハイキャリアを築きたい方におすすめのサービスです。

詳細ページを見る公式サイトを見る

まとめ

広報は、情報を収集し、伝えるという役割を担っているため、必要なスキルが多岐にわたります。外国人の皆さんにとっても、語学力を活かすことができ、経験があれば即戦力として活躍できる仕事でもあります。日本で広報の仕事をしたい方は、ぜひこちらを参考にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【参考データ】職種別平均年収ランキング【最新版(2019年)】

仕事を探す方法の一覧を見る

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」