求人サイトのメリット・デメリット

数多くの企業の中から自分の希望に合った求人を効率的に探し、応募できる求人サイトは、就職・転職活動を進めるうえで欠かせないツールの一つですが、転職エージェントなど他の仕事探しの方法と比較するとメリットもデメリットもあります。そこで、ここでは求人サイトのメリットとデメリットについて詳しく説明します。

求人サイトのメリット

求人サイトを利用する主なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 求人を比較・検討しやすい
  • 企業と直接やりとりできる
  • 転職エージェント経由と比較して採用されやすいことも

求人を比較・検討しやすい

求人サイトは勤務地や業界、仕事内容、年収など細かい条件に基づいて詳細に求人の絞り込み検索ができるだけではなく、気になる求人をクリップしておく機能なども充実しているので、自分の希望に合った求人を効率的に探し、比較・検討するうえではとても便利なツールだと言えます。

企業と直接やりとりできる

求人サイトの場合は企業側の採用担当者と応募手続きや面接日程の調整なども含めて全て直接やりとりできるため、ケースによっては転職エージェントが介在するよりもスピーディーかつ効率的にやりとりが進められることもあります。また、自分自身の履歴書や職務経歴書が確実に応募企業に届くという意味でも安心です。

転職エージェント経由と比較して採用されやすいことも

採用企業側の立場から考えると、求人サイト経由の採用単価は転職エージェント経由の採用単価よりも安くなるのが一般的です。そのため、求人サイト経由で応募したほうが採用されやすいというケースもあります。

求人サイトのデメリット

上記で説明したように求人サイトには様々なメリットがある一方で、デメリットも存在しています。求人サイトを利用する代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 自分のキャリアの可能性には気づきにくい
  • 自分で全ての手続きを行う必要がある
  • 企業の内情までは詳しく分からない

自分のキャリアの可能性には気づきにくい

転職エージェント経由で仕事探しをする場合、キャリアアドバイザーから自分では思いもしなかったようなキャリアの選択肢を提示される可能性もあります。しかし、求人サイト経由で仕事探しをする場合はそうしたアドバイスは受けられないため、知らずのうちに自分のキャリアの可能性を狭めてしまうリスクはあると言えます。

自分で全ての手続きを行う必要がある

求人サイトの場合は求人探しから応募、書類選考のやり取りや面接日程の調整にいたるまですべてを自分自身でこなす必要があるため、転職エージェントを利用する場合と比較すると時間と手間がかかります。自分のペースで進めたいという方にはおすすめですが、現職の仕事でなかなか転職活動に時間が割けないという方にとっては負担になることもあります。

企業の内情までは詳しく分からない

求人サイト経由で仕事探しをする場合、あくまでウェブサイト上に掲載されている情報や写真からしかその企業を判断することができません。実際の職場の雰囲気や面接の内容などについては分からないため、入社後にギャップを感じるリスクはあります。ウェブ上からでは分からない企業の内情をしっかりと把握したうえで仕事探しを進めたいという方は転職エージェントを活用することをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?上記で説明したように、求人サイトにはメリットもあればデメリットも存在しています。また、一言で求人サイトといってもその種類は様々で、特徴もそれぞれ異なります。重要なのは、複数の求人サイトを使い分けたり、転職エージェントと併用したりするなど、自分なりの活用方法を見つけることです。ぜひ求人サイトを上手に活用して仕事探しを成功させましょう。

外国人向け求人サイトの一覧を見る

仕事を探す方法の一覧を見る

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」