転職エージェントのおすすめ活用法

転職エージェントに登録して転職活動を進めるからには、できるかぎり上手に活用して転職の成功確率を高めたいものです。そこで、ここでは転職エージェントのおすすめ活用法を3つご紹介したいと思います。

  1. 複数の転職エージェントに登録する
  2. 大手エージェントと中小エージェントを使い分ける
  3. 自主的な転職活動も並行して進める

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを利用する場合、一社だけではなく2~3社など複数のエージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントは企業によって保有している非公開求人や得意分野も異なるため、複数のエージェントに登録することで応募可能な求人を網羅することができます。また、転職エージェントのキャリアアドバイザーは様々な相談に乗ってくれるとても心強い存在ですが、アドバイザーによってアドバイス内容や提案内容は変わってくるため、複数のアドバイザーから意見やアドバイスをもらったほうが、より客観的に何が正しい選択なのかを判断することができるようになります。

大手エージェントと中小エージェントを使い分ける

複数の転職エージェントに登録する際、おすすめなのは大手のエージェントと中小のエージェントにそれぞれ登録することです。大手のエージェントは大量の求人を保有しているという強みがありますが、一方でマッチングはシステマティックな側面があり、キャリアアドバイザーも常に大量の求職者を抱えているため、一人一人にきめ細やかなサービスを提供するのは難しいという現実もあります。一方の中小エージェントは、保有している求人数は少ないものの、一人一人の求職者にしっかりと時間をかけて向き合ってくれるため、キャリア相談をするうえでは最適です。また、中小エージェントのなかにはもともと大手の転職エージェントで勤務経験がある経験豊富なコンサルタントも多いため、安心して相談することができます。

自主的な転職活動も並行して進める

転職エージェントを利用して転職活動を進める場合でも、自主的な転職活動も並行して進めるのがおすすめです。世の中には求人サイトにしか掲載されていない求人もありますし、自社のウェブサイト上だけでしか採用活動をしていない企業も数多くあります。転職活動を成功させるためには、転職エージェントに頼りきりになるのではなく、自らの意思で積極的に情報収集し、行動に移していくことが重要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?転職エージェントは特性を見極めながら上手に活用することで、とても頼りになる存在となります。ぜひ上記のアドバイスも参考にしながら転職エージェントをフル活用して転職を成功させましょう。

外国人の求人に強い就職・転職エージェントの一覧を見る

仕事を探す方法の一覧を見る

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」