ベンチャー企業とは・意味

ベンチャー企業とは、設立して間もなく、社員数も少ない企業のことを指します。一般的には設立10年以内程度で社員数も数十~数百名以下の企業のことを指しますが、単なる中小企業とは異なり、成長・拡大志向が強い企業のことを指して使われるケースが多くなっています。

ベンチャー企業は大手企業と比較すると給与や福利厚生面で劣るケースが多いですが、一方で若いうちから裁量ある仕事を任され、実力主義で評価してもらえることが多いため、そうした環境を好む人の場合はやりがいを持って働くことができます。

ベンチャー企業の中でも設立後間もなくして急拡大し、従業員数が数百名から1,000名以上いる企業の場合、「メガベンチャー」と呼ばれることもあります。

用語集の一覧を見る