署名/記名/サインとは・意味

署名

「署名」とは、自分の名前を手書きで書くことを意味します。また、契約書などに自分で書いた名前のことを指す場合もあります。契約書や重要な書類等では署名を求められることが多いです。

例:契約書に署名する。

記名

「記名」とは、「署名」以外の方法で自分の名前を書くことを意味します。具体的には、名前が彫られたハンコを押したり、他人が自分の名前を書くといった方法があります。手書きで書かれた署名と違い、記名だけではその書類に法的な拘束力は生まれません。

例:同僚の代わりに記名する。

サイン

「サイン」は自分の名前を自筆で書くことです。「署名」と同じ意味になりますが、日常会話では「サイン」という言葉の方がよく使われます。また、有名人がファンのために名前を書く際にも「サイン」が用いられます。

例:こちらにサインをお願いします。

用語集の一覧を見る

就職・転職活動用語

ビジネス用語