学歴フィルターとは・意味

学歴フィルターとは、企業が採用活動を行う際、学歴によって採用の可否を決めることを指します。具体的には、一定の学歴に満たない候補者についてはエントリーシートの時点で不採用とする、特定の大学でのみ説明会を行う、学歴によって企業説明会の告知タイミングをずらす、説明会の参加枠を変える、などの手法があります。

特に応募者が殺到する人気企業の場合、採用活動を効率化するために学歴によって候補者をスクリーニングすることは合理的であるという声もありますが、一般的に学歴による差別はイメージダウンにつながるため、学歴フィルターがあることを公表している企業はありません。

中途採用においては学歴よりも実務経験が重視されるケースが多くなりますが、まだ実務経験がなくポテンシャルをベースとして採用を行う新卒採用においては、いまだに学歴が重要な採用基準となっているという現実があります。

用語集の一覧を見る