終身雇用とは・意味

終身雇用とは、一度就職した企業に定年するまで継続して雇用され続けることを指します。定年は60歳が一般的でしたが、最近では少子高齢化の影響もあり、65歳まで定年制を延長する企業も増えています。終身雇用システムは、従業員の視点からすると将来にわたって安定的な雇用が約束されているため、住宅購入や子供への教育支出など長期的な経済計画が立てやすいというメリットがありました。

そのため、かつては日本型雇用慣行の一つとして多くの大企業が取り入れていましたが、最近ではグローバル化の影響もあり人材の流動性が高まっていることから、日本の終身雇用のシステムは徐々に崩れつつあり、一つの企業で定年するまで働き続けるという働き方は一般的ではなくなってきています。

用語集の一覧を見る