クライアント/顧客/カスタマー/お客様とは・意味

クライアント(client)

クライアントとは、専門的なサービスを継続的に依頼する人・会社のことを指します。主にコンサルティングや広告業務での依頼人をクライアントと呼ぶことが多いです。また、IT分野においては、サービスの提供を受けるコンピューターやアプリケーションのことを指す場合があります。

例:クライアントの課題を解決する。


顧客

顧客とは、会社の商品やサービスを一度でも購入した人・会社を意味します。また、サービスを初めて購入する人たちや、これから購入する見込みがある人たちのことを指すこともあります。その場合、「新規顧客」や「見込み顧客」と呼びます。

例:新規事業によって、多くの顧客を獲得することができた。

クライアントと顧客の違いは、継続的に商品やサービスを購入するかどうかになります。


カスタマー(customer)

製品やサービスの購買者を指す言葉です。すでに製品やサービスを購入済みの顧客のことを意味します。企業によっては、カスタマーの不満や疑問を解決するためにカスタマーサービスやカスタマーサクセスが設置されていることがあります。「顧客」と「カスタマー」は、ほぼ同義語で使われることが一般的です。

例:商品に不備があったので、カスタマーサービスに連絡する。


お客様

お客様とは、会社の商品やサービスを購入した人や会社を呼ぶ際に使う丁寧な言葉です。「顧客」「カスタマー」と大きな意味の違いはありませんが、ビジネスにおける日常会話や口語では「お客様」という表現を用います。

例:お客様を不安にさせてはいけません。

用語集の一覧を見る

就職・転職活動用語

ビジネス用語