なるはやとは・意味

「なるはや(なる早)」は、「なるべく早く」を略した言葉です。「できる限り早く」を意味します。

敬語表現ではないため、ビジネス上では、取引先や目上の人には使いません。同僚間で使う言葉として理解しましょう。もし取引先や目上の人に使う場合は、「可能か限り早く」「できる限り早く」を使いましょう。

また社内のコミュニケーションでは「なるはや」という言葉は便利ですが、人によって「出来る限り早く」の時間の基準が違うため曖昧な表現でもあります。そのため正式な依頼の場合は、「なるはや」を使わずに具体的な日時を指定しましょう。また自分が「なるはやでお願いします」と依頼された場合は、具体的な日時を聞き返すようにしましょう。

例:この資料は、なるはやで確認お願いします。

用語集の一覧を見る

就職・転職活動用語

ビジネス用語