インバウンド/アウトバウンドとは・意味

インバウンド(inbound)

インバウンドは、主に日本の観光業界とビジネスシーンでそれぞれ別の意味で使用します。

観光業界においては、インバウンドは海外から外国人が日本に訪れる旅行を意味します。この場合、インバウンドの英訳は「inbound tourism」になります。またインバウンドを「訪日観光客(ほうにちかんこうきゃく)」「訪日外国人観光客(ほうにちがいこくじんかんこうきゃく)」を指すこともあります。

例:新型コロナウイルスの影響で、インバウンド向け商品の売上が減っています。

一方ビジネスシーンにおいては、インバウンドはお客様が自ら企業に接触することを意味します。たとえば、お客様がメールや電話で企業に問い合わせをする、企業が運営しているwebサイトにへアクセスするなどの行為がインバウンドになります。この場合、「インバウンドマーケティング」「インバウンド営業」などの言葉が使われるケースが多く、英訳は「inbound marketing」「inbound sales」になります。

例:自社のメディアを運営することを通じて、インバウンドマーケティングに注力する企業が増えています。

アウトバウンド(outbound)

アウトバウンドはインバウンドの対義語です。観光業界において、アウトバウンドは日本人の海外旅行を意味します。この場合、アウトバウンドの英訳は「outbound tourism」になります。

例:近年、日本の若者のアウトバウンドニーズが高まっています。

また、アウトバウンドはビジネスシーンにおいて、企業が自らお客様に接触することを意味します。たとえば、テレアポや飛び込み営業はアウトバウンドになります。この場合、「アウトバウンドマーケティング」「アウトバウンド営業」などの言葉が使われるケースが多く、英語は「outbound marketing」「outbound sales」になります。

例:テレアポは、アウトバウンド営業の重要な手法です。

用語集の一覧を見る

就職・転職活動用語

ビジネス用語