一般職とは・意味

一般職とは、主に事務作業など補助的な仕事をメインとして担当する仕事のことを指しています。一般職の反対に、基幹業務を担当する仕事は「総合職」と呼ばれます。一般職は総合職と比較として給与面では劣るものの、原則として転居を伴う異動がない、残業がない(少ない)など働きやすさが確保されているケースが多く、プライベートを大事にしたい人やコツコツと安定して事務作業をこなすのが好きという人からは人気がある仕事です。主に銀行などで募集されています。

用語集の一覧を見る