バッファとは・意味

バッファ(buffer)は、ビジネスシーンにおいて、スケジュールや仕事量にゆとりがある状態を指します。

バッファはもともとIT用語で、パソコンに一時的にデータを保存する領域のことです。その言葉をビジネスシーンに置き換えるとスケジューリングやタスクが可能かどうか問うシーンで使われます。

また、予備の部品がバッファと呼ばれることがあります。バッファの英訳は「extra capacity」です。

例:この仕事は失敗してやり直しになる可能性があるので、計画にバッファを入れたほうがいいですよ。

用語集の一覧を見る

就職・転職活動用語

ビジネス用語