ニュース

4月1日時点の2022卒就職内定率は28%、リクルート調べ

株式会社リクルートが運営する、よりよい就職・採用のあり方を追究するための研究機関「就職みらい研究所」は、2022年卒業予定の大学生・大学院生を対象に2021年4月1日時点での「就職プロセス調査」を実施し、その結果を報告しました。以下は調査結果から一部抜粋したものです。

4月1日時点での大学生の就職内定率(内々定を含める)は28.1%となり、前年同月と比べて3.2%低くなっています。文系理系別にみると、文系が25.4%(-2.2)、理系が33.9%(-6.0)となっており、特に理系学生の就職内定率が低くなっています。各活動の実施率も下がっている項目が多く、特に「インターンシップへの参加」、「キャリアセンターへの相談」などの項目の減少幅が大きくなっています。思うように就職活動を進めることができない学生の割合が増えているようです。

しかし、その一方で内定をすでに取得している学生については内定取得企業数、保有企業数ともに前年より増加しています。そのため、就職活動を進めている学生とそうでない学生との差がより顕著に表れていると考えられます。

昨年から続く新型コロナウイルスの影響で、思うように就職活動を進めることができていない学生が多いようです。Web上での説明会に参加し、企業の情報を少しづつ取得していきましょう。

【参照リリース】就職プロセス調査 (2022年卒)「2021年4月1日時点 内定状況」就職内定率は28.1%、前月差+10.5ポイント。前年同月差は-3.2ポイント
【関連記事】リクナビNEXTの口コミ・評判
【関連記事】リクナビの口コミ・評判

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」