ニュース

外食業の特定技能試験、合格率75.4%、合格者347人

第1回目となる外食業の特定技能試験の合格者が5月21日に発表されました

試験を行った一般社団法人外国人食品産業技能評価機構(OTAFF)によると、受験者数460人のうち合格者は347人、合格率は75.4%でした。内訳として、東京会場は受験者数280人のうち合格者208人、合格率は74.3%でした。そして、大阪会場は受験者数180人のうち合格者139人、合格率は77.2%でした。第1回の試験は、3月下旬に受付が開始されたのち、東京と大阪で4月25日に試験が実施されました。

この試験は、4月に施行された新たな在留資格「特定技能」を取得するために受験する必要があります。外食企業は合格した外国人を特定技能1号として上限5年まで雇用することができます。

第2回の国内試験は、6月24日(月)に札幌・仙台・岡山、6月27日(木)に東京・名古屋・大阪、6月28日(金)に東京・名古屋・福岡で開催予定です。受験申請の受付期間は、5月23日(木)午前10時から5月24日(金)午後5時までと、5月27日(月)午前10時から5月29日(水)午後5時まで。合格発表は7月下旬です。

なお、一般社団法人日本フードサービス協会(JF)は受験準備をしたい外国人のために、学習テキストを公開しています。テキストは「接客全般」「飲食物調理」「衛生管理」の3種類が用意されており、試験問題はテキストの範囲内から出題されます。

第2回の試験の受験を検討している方は、スケジュールを事前に確認したうえで、試験勉強を進めてはいかがでしょうか。

【参照サイト】一般社団法人外国人食品産業技能評価機構
【関連ページ】外食業の特定技能試験、4月25日開催。受験受付開始は3月下旬

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」