ニュース

外国人介護職員支援センター、在留資格「特定技能1号」向け介護技能評価試験の無料テキストを公開

外国人介護職向け教育事業を手掛ける一般社団法人外国人介護職員支援センターが、海外で実施される介護分野における在留資格「特定技能1号」向けの介護技能評価試験対策テキストの英語版を制作し、無料で公開しています

介護技能評価試験は現在フィリピンで実施されており、9月にはカンボジアで、そして今後年末までに、ネパール、ミャンマー、モンゴルでも実施することが決まっています。しかし、これまでに行われたフィリピンでの試験の合格率は、5月、6月、7月のいずれの月も5割を切っており、また、試験対策に向けては、厚生労働省から公表されている試験科目とサンプル問題を確認するほかに有効な手立てがない状況であることから、同センターは受験者を支援するための無料テキストを公開しました。

そのほか、英語版だけでなく、クメール語、ネパール語、ミャンマー語、モンゴル語を機械翻訳したテキストと、介護日本語評価試験対策用のレクチャービデオも無料で公開しています。これから受験を検討している方は試験勉強に役立ててみてはいかがでしょうか。

【ウェブサイト】Specified Skills Worker Visa / Nursing Care Skills Evaluation Test
【ウェブサイト】一般社団法人外国人介護職員支援センター
【参照ページ】介護分野における新たな外国人材の受入れ(在留資格「特定技能」)について

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」