ニュース

日本独自の生活や職場のルールを学べる動画サービスが登場

これから日本で働こうと考えている皆さんのなかには、日本独自の文化や職場のルールが分からず不安という方も多いのではないでしょうか?そんな方にとてもおすすめのサービスをご紹介したいと思います。

インドネシア語で、ヘッドフォンを装着して自転車に乗ってはいけないことを説明している動画イメージ

動画SNS共有サービスを運営する株式会社soeasyは、新たに一般社団法人国際連携推進協会と提携して、日本で暮らす外国人向けに日本での日常生活や職場のルール・マナーを動画で分かりやすく学べるコンテンツの配信をはじめると発表しました。まずはベトナム語、中国語、インドネシア語、英語の4言語から展開するとのことです。【例:インドネシア語版

soeasy社は、15秒動画コミュニティ「soeasy」とトレーニング動画SNS「soeasy buddy」を運営しており、「soeasy」には2019年3月時点ですでに5,000以上の日本の生活の知恵やマナー、ルールなどに関する動画が集まっています。

自動販売機の使い方や温水洗浄便座の使い方など日本では当たり前の生活ノウハウをシェアする投稿が外国人から人気を集めており、累計120か国・地域のユーザーに利用されています。

日本で就業を目指す場合、語学の習得に加え、日本独自のルールやマナーへの理解も大切です。他ユーザーの動画で覚えることはもちろん、自身が経験したことをぜひ投稿してシェアしてはいかがでしょうか。

【ウェブサイト】困った時の15秒動画 soeasy
【ウェブページ】AIと動画を使った組織力強化ツール | soeasy buddy 

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」