ニュース

LINE、京都に新オフィス「LINE KYOTO」を開設。外国人エンジニアを積極採用

日本最大のチャットサービス「LINE」で知られるLINE株式会社は6月13日、京都市内に新たな開発拠点「LINE KYOTO」をオープンしました。国内の開発拠点としては東京、福岡につづき3拠点目となります。

LINEは現在、ブロックチェーンやAIなどの最先端テクノロジーを活かしたサービスの研究開発に積極的に取り組んでいます。国内以外にも韓国やタイ、台湾、ベトナムなどに開発組織を持ち、さらにグローバルに事業展開を進めています。

今回LINEが京都に拠点をオープンした狙いは、京都という街のブランド力を活かして国内外から優秀なエンジニアを集め、人材交流の場を作ることです。「LINE KYOTO」では同社の提供するコミュニケーションアプリ「LINE」や関連サービスの開発に加え、AIアシスタント「Clova」などの研究開発を担当するエンジニアの採用を国内外問わず積極的におこない、中期的に100名規模の組織を目指すとのことです。

LINE KYOTO オフィスイメージ

また、技術交流の場として京都を中心とする関西地方の学生に対して短期・長期インターンの機会を提供するほか、公開イベントなども開催予定とのこと。

京都で働きたい外国人エンジニアの方や関西の大学に通う留学生にとっては、LINEで最先端のテクノロジーに触れられる貴重なチャンスです。興味がある方はぜひ中途採用やインターンに応募してみてはいかがでしょうか?

【採用情報】LINE KYOTO採用情報
【インターン情報】2018年度インターンシップ情報

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」