ニュース

GTNと新生銀行、マスク3万5,000枚を外国人留学生へ配布

外国人専門の生活総合支援事業を展開する株式会社グローバルトラストネットワークス(以下GTN)は6月29日、株式会社新生銀行と協力し、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた外国人留学生を対象に、マスク3万5,000枚を無料で配布することを発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、日常的にマスクを着用するマナーが求められています。日本は外国に比べて、日常的にマスクを着用する文化があり、特に新型コロナウイルス感染症防止のために、外出時には必ずマスクをすることが求められています。そのため、マスクを着用しないまま外出してしまうと、見知らぬ人から注意を受けたり、お店によっては入店を拒否されたりすることもあるなど、日常生活に不便が出る可能性もあります。

しかし、外国人留学生のなかには、マスクを日常的に着用する文化がない国の人も多く、外国人留学生らからは、「マスクをつける習慣がなく、つい忘れてしまった」 「忙しくて買うことができないまま学校に来てしまった」と言った声もありました。このような声を踏まえて、GTNは、新生銀行と協力し、学校を通して留学生(主に日本語学校生)向けにマスク3万5,000枚を無料配布します。

外国人留学生の皆さんは、自分が所属する学校にこういったマスクの配布があるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

【マスクの配布について】
・ 配布予定:7月上旬より順次
・ 対象者 :外国人留学生
・ 配布方法:各学校法人経由で個人へ配布
・ 配布枚数:3万5,000枚

【参考サイト】株式会社グローバルトラストネットワークス
【参照リリース】GTN、新生銀行と外国人留学生へマスク3万5,000枚を配布

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」