ニュース

出入国在留管理庁、外国人の「在留資格認定証明書」の交付手続きを再開

出入国在留管理庁は6月30日、外国人が日本で暮らす証明書の交付手続きを再開し、証明書の有効期間も延長することを決定したとNHKニュースが報じています。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、出入国在留管理庁は今年2月、外国人が日本で暮らすことを認める「在留資格認定証明書」を交付する手続きを停止しました。

しかし、この時期に外国人と結婚した人たちからは、「証明書」がなければ日本でのビザ申請もできないことから「人道的な面からも手続きを再開してほしい」といった要望が出されていました。

出入国在留管理庁は、ベトナムなどとの往来再開に向けた動きや、外国人と結婚した人たちからの要望も踏まえて、証明書の交付手続きを再開しました。また、新型コロナウイルスの影響を考慮し、証明書の有効期間も特例として延長することになりました。

証明書が交付されれば、入国拒否の措置が緩和された国や地域の外国人は日本で暮らす手続きを開始できることになります。

今回の日本在留証明書の交付手続きによって、日本に正式に入国できる人が増加するでしょう。まだまだ、新型コロナウイルス感染症拡大に備える必要はありますが、一日でも早く、日本にいつでも入国できる日が来ることを期待したいです。

【参照サイト】外国人の日本在留 証明書の交付手続き再開 新型コロナで停止

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」