コラム

【インタビュー】ぶっちゃけ日本で働くってどう?

左:株式会社ゴーリスト ド・ティ・トゥイ/右:Career Fly株式会社 羽二生 知美(はにゅう・ともみ)

日本国内で外国籍人材の採用が進む中、実際に働いている側はどう感じているのでしょうか?日本での就職活動やキャリアアップに対して不安はあったのでしょうか?

今回は、海外女子の就職を支援するCareer Fly株式会社(以下、Career Fly)の羽二生 知美さんが、株式会社ゴーリスト(以下、ゴーリスト)へ2019年4月に新卒で入社したばかりのド・ティ・トゥイさんにインタビューをした様子をお伝えします!

Career Fly株式会社 羽二生 知美(はにゅう・ともみ)

Career Fly株式会社 羽二生 知美(はにゅう・ともみ)「外国籍人材とともに飛躍する」
東京外語大スペイン語専攻。株式会社CDCへ新卒入社。ITエンジニア専門のキャリアコンサルタントとして社会人キャリアを積む。キャリア一年目にしてベストマッチング賞などを受賞し、一躍プロコンサルとして注目を浴びる。2018年Career Fly株式会社に参画。IT人材のマッチング専任として活動する。

株式会社ゴーリスト ド・ティ・トゥイ

株式会社ゴーリスト ド・ティ・トゥイベトナム出身。18歳の時に初来日し、日本語学校と日本の大学を卒業。大学時代は積極的に勉強や企業インターンを経験。日本での就活を身をもって体感する中で外国籍人材の就労支援に興味を持ち、2018年秋からゴーリストにてインターン、2019年4月より新卒で入社。現在はベトナム人担当のキャリアコンサルタントとして活躍。

<留学編>日本で学ぶことは、人生の選択肢を広げること

CareerFly 羽二生(以下、羽二生):早速ですが、日本語とってもお上手ですね!日本に来てどのくらい経つのでしょうか?

ゴーリスト トゥイ(以下、トゥイ):ありがとうございます。日本に来て何年?という質問はみんなに聞かれます(笑)。18歳の時に、日本に来て、最初は日本語学校に2年、それから大学に入って卒業したので、もう7年目になります。だから結構長いんです(笑)。

羽二生:留学をしないという選択肢はありましたか?

左:Career Fly株式会社 羽二生 知美(はにゅう・ともみ)/右:株式会社ゴーリスト ド・ティ・トゥイ

トゥイ:ありませんでした。ベトナムにいたら、ベトナムでしか仕事ができない人になってしまうと思ったので、そうではなくて、もっと世界を見てみたかったんです。ベトナムでは、単純作業のような仕事しかなかったので、今後の自分の可能性を広げるためには、「海外で勉強しなくては!」と思いました。

羽二生:日本以外にも候補はあったんですか?

トゥイ:日本以外には、オーストラリアという選択肢がありました。でも両親の友人がオーストラリアにいて…。誰も知らない土地で力をつけたかったのと、ベトナムと似ていて住みやすいと思い日本を選びました。

<就活編>留学生にとって、日本の就活は壁と謎だらけ!

羽二生:日本語の習得は難しくなかったですか?

トゥイ: 難しかったです!特に、日本語学校に入ったときは、簡単な挨拶程度しかわからないのに、先生がどんどん日本語で授業を進めるので、もう本当に辛かったです(笑)!なんとか日本語を習得しても、会話となると難しいですね。日本人の日常会話は、文法で習ったものは違うことが多いので、友達とLINEしたり、会話したりしながらだんだん覚えて、今ではほとんど分かるようになりました。

羽二生:その中で就活をされたんですよね?

トゥイ:そうです。就活も本当に大変でした。そもそも仕事探しの仕組みって、ベトナムだとほとんど整ってないんです。なので最初は、日本でどうやって仕事を探していいかもわからなかったです。

選考が始まると、SPIとか面接も最低3~4回あったりして、日本人とまったく同じ選考は大変でした…。そんな経験を自分でしたからこそ、もっと日本での仕事探しをスムーズにできたらいいなという思いが生まれ、今、ベトナム人の日本での就労支援というキャリアにつながっているのかもしれません。

羽二生:今、日本語を勉強している人たちにアドバイスをするとしたら?

トゥイ:本当に頑張らなければいけません!頑張りましょう(笑)!日本にせっかく勉強しに来て、アルバイトばかりしている留学生もいますが、しっかり向き合って勉強したら、もっと選択肢が広がりますから。

<日本で働く編>ゴーリストで働き始めて…

羽二生:ゴーリストさんにはどういう流れで入社することになったんですか?

トゥイ:前職のときの友人に紹介してもらいました。それまでは外国籍人材のキャリア支援とは別の仕事をしていたのですが、話を聞いて「やってみたい!」と思い、すぐに連絡しました。それからインターンとしてまずは半年ぐらい働いて、やっと4月に入社できました!

羽二生:入社前と入社後のギャップはありましたか?

株式会社ゴーリスト ド・ティ・トゥイ

トゥイ: あんまりなかったですね。でも、これは日本人の働き方としての驚きなのですが、本当に仕事を頑張る人が多い!ということです。ベトナムだと、決まった時間に来て、決まった時間に帰るんですね。どんなに仕事が残ってても帰ります(笑)。

でも、日本は、特にゴーリストでは、自分の仕事はみんなきっちり終えていくんです。本当にすごいですよね。私も今では、仕事が楽しいし、明日は次の仕事がしたいから、この働き方はいいなと思っています。

<ステップアップ編>キャリアアップとは「自分の可能性を広げること」

羽二生:トゥイさんのキャリアは始まったばかりですが、今後どのようにキャリアを築いていきたいと思いますか?

トゥイ:そうですね。まずは今の仕事をきちんとできるようになる。ベトナムの方にもっと日本で学ぶ・働くという選択肢があることを伝えていきたいです。また今後は、日本企業担当として営業もする予定です。その後は、実は大学でマーケティングを勉強していたので、マーケティングにもチャレンジしたいです。できることの幅を広げたいというイメージです。他の国で働いてみるのもいいかも?とも思っています。

左:Career Fly株式会社 羽二生 知美(はにゅう・ともみ)/右:株式会社ゴーリスト ド・ティ・トゥイ

羽二生:最後に、今、日本に興味があるベトナムの皆様に一言お願いします!

トゥイ:ぜひ日本へ来てみてください!日本にはいろんな仕事があります。ほとんどのベトナム人が、日本で働くとしたら翻訳・通訳しかないと思っているんです。でも実は、ホテルの仕事や、営業、カスタマーサポート、事務、飲食店、施工管理、いろいろな選択肢があります。日本にあってベトナムにはない仕事も多いので、まずは、自分にはできないと思わないで、やってみたいと思ったらぜひ相談してください。

まずは勇気をだして、ぜひ日本へ来てください!!

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」