ニュース

外国人の仕事探し、6割がFacebook利用。辞めた理由上位に「勤務地までの距離」。エムティック調べ

日本で暮らす外国籍の人々はどのように仕事を探しているのでしょうか。また、仕事探しの際に何を重視しているのでしょうか。それらに関する調査を、在留外国人の採用に特化した人材ベンチャーの株式会社エムティックが実施し、6月17日に結果を発表しました。

調査結果によると、仕事探しでは約6割がFacebookを利用していること、また、ウェブサイトを閲覧するときに9割以上の人が、Google翻訳を使用しており、日本語サイトを閲覧するときに日本語の壁を感じていること、外国籍の人が前の仕事を辞めた理由の上位は「給与」「勤務地までの距離」「人間関係」であることがわかりました。

まず、「どのメディアで仕事探しをすることが多いですか」という質問への回答は、Facebookが62.8%、そしてGoogle検索が22.3%、Linkedinが8.3%、YoutubeとLINEがともに3.3%でした。日本人は、求人サイトやindeed、転職エージェントなどを利用することが多いのに対し、外国籍の人の場合、Facebookが仕事探しのツールとして重要であることがわかります。

どのメディアで仕事探しをすることが多いですかどのメディアで仕事探しをすることが多いですか

続いて、「ウェブサイトを翻訳するためにGoogle翻訳をどのくらい利用しますか」という質問への回答は、「常に使用」「ときどき使用」を合わせて、90.1%にのぼりました。Google翻訳を手掛かりに情報を読み取っていることがわかる一方で、日本語での情報収集の難しさを感じていることも読み取れます。

ウェブサイトを翻訳するためにGoogle翻訳をどのくらい利用しますかウェブサイトを翻訳するためにGoogle翻訳をどのくらい利用しますか

さらに、「人材会社(求人サイト)の機能で最も重視するものは何ですか」という質問への回答は、「多くの求人が載っていること」が55.4%、「ウェブサイトの使いやすさ」が24%、「複数の言語でウェブサイトを閲覧できること」が19%と続きました。

人材会社(求人サイト)の機能で最も重視するものは何ですか人材会社(求人サイト)の機能で最も重視するものは何ですか

最後に、仕事を辞めた理由についての質問への回答は、「給与」「勤務地までの距離」「人間関係」と続き、2位に「勤務地までの距離」がランクインしました。日本での土地勘がないことから、勤務地までの距離感覚がつかめない、情報をうまく読み取れない、家の近くの求人情報が少なく、想像以上に遠い職場で就労している可能性があることが推測されます。

同社では、そうした課題の解消に向けた在留外国人向け求人サイト「All Jobs Japan(オールジョブスジャパン)」を運営しており、家から求人掲載中の勤務地までの通勤時間を自動検索し、アナウンスする仕組みを取り入れています。また、10か国語に対応し、利用しやすくなっています。外国籍の方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

今回の調査は、同社が運営する在留外国人に特化した人材派遣・職業紹介サービス「Gaijinbank」の利用者に対し、インターネットによるアンケート形式で、2019年2月1日から5月21日まで行われ、有効回答数は794名分でした。

【サービスサイト】All Jobs Japan(オールジョブスジャパン)

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」