ニュース

YOLO JAPAN、外国人向け多言語不動産情報サイト「YOLO HOME」の提供開始

日本最大級の在留外国人向けメディアプラットフォームを運営する株式会社YOLO JAPAN(以下、YOLO JAPAN)は8月12日、外国人向け不動産物件を中心に掲載する多言語不動産情報サイト「YOLO HOME」の提供を開始しました。

YOLO JAPANでは、在留外国人に対し賃貸に関するアンケートを2年に渡り行ってきました。その調査結果によると、部屋や家を探したことがあると回答した人のうち「外国人という理由で断られたことがある」と答えた人は43%(225人)を占めることが分かりました。また、契約手続きも煩雑で不動産物件探しが困難だと感じる人は44%(231人)と、多言語でのサポートが必要であることが示されました。

そのような課題を解決するために、「YOLO HOME」では、外国人が入居可能な物件を中心に掲載しています。また、手続きにおける日本語の不自由さをなくすために、多言語対応可能な仲介会社につなぐプラットフォームを提供しています。

「YOLO HOME」を利用することを通じて、日本語が堪能でない外国人でも、物件探しや不動産にまつわる手続きがより簡単になります。また、外国人労働者の社員寮・家探しにも対応しており、個人だけではなく企業も利用可能です。

日本で家や部屋を探している外国人の皆さんは、「YOLO HOME」を利用してみてはいかがでしょうか。

【参照リリース】YOLO JAPAN、外国人向け多言語不動産情報サイト「YOLO HOME」を提供開始
【関連ページ】YOLO JAPANの口コミ・評判を見る

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」