ニュース

横浜市多文化共生総合相談センターが開設、市内在住外国人に情報提供と相談対応

横浜市に、市内在住の外国人への総合的な情報提供・相談対応を行う「横浜市多文化共生総合相談センター」が8月1日に開設されました。

同センターでは、市内10か所にある国際交流ラウンジや関係機関との連携のもと、外国人材の受入れ・共生のための取組みとして、市内在住の外国人に対し、多言語による情報提供や相談対応などを実施します。

具体的には、多言語での生活相談や簡単な電話通訳、通訳派遣、専門相談に対応するほか、戸籍や住民票といった証明書の翻訳、市内国際交流ラウンジとの連携などを行います。対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語、インドネシア語、タガログ語、タイ語、ポルトガル語、スペイン語の11言語です。

場所はみなとみらいの「パシフィコ横浜」横浜国際協力センター5階の公益財団法人横浜市国際交流協会(YOKE)内です。

市内在住の外国人人口は10万人を超え、また今年4月の改正出入国管理法の成立に伴い、その数はさらに増えることが見込まれることから、横浜市における多文化共生の推進を一層進める目的で同センターは開設されました。今後、市内在住の外国人に有効活用され、生活の一助となることに期待です。

【ウェブサイト】横浜市多文化共生総合相談センター
【参照ページ】横浜市多文化共生総合相談センターを開設しました

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」