ニュース

最も残業が少ない職種は? dodaが全124職種の残業時間ランキングを公表

人材サービス大手のパーソルキャリア株式会社が運営する転職支援サービス「doda(デューダ)」が、日本で働く20~59歳までのビジネスパーソン15,000人を対象に、平均残業時間に関する実態調査を行いました。

調査の結果、最も残業時間が少なかった職種は「経理事務・財務アシスタント」で、月間の残業時間は平均11.1時間であることが分かりました。これは、1カ月の出勤を20日間とした場合、残業時間は1日あたり33.5分という計算となります。次に残業時間が少なかったのが「秘書・受付」で11.6時間、次いで「医療事務」が12.1時間と続きます。残業時間が少ない職種の1位~10位には、アシスタント職種と医療系専門職が数多くランクインする結果となりました。

一方で、最も残業時間が多かった職種は「ゲーム(制作・開発)」で、月間の残業時間は平均45.3時間でした。これは1カ月の出勤を20日間とした場合、残業時間は1日あたり2時間16分の残業をしているという計算となります。次に残業時間が多いのは「インターネット/広告/メディア(営業職)」で42.4時間、次いで「建築施工管理」が41.5時間と続きます。傾向としては、エンジニアや設計者、コンサルタントなど「仕事の専門性」が求められる職種では残業が多くなることが分かりました。

今回の調査からは、一般的に残業が多いと言われる日本においても、職種によって残業時間に大きな違いがあることが分かります。短時間で効率的に働きたい、昼夜を問わず全力で仕事に没頭したいなど、自分に合った働き方ができる職種を選択するようにしましょう。

【参照記事】転職サービス「doda(デューダ)」15,000人の残業時間ランキング全124職種の残業時間が明らかに!

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」