ニュース

ディスコ、新型コロナウイルスの感染拡大による採用活動ついての緊急調査結果を発表

新卒向け就職情報サイト「キャリタス就活」や、就職イベント「キャリタス就活フォーラム」の開催を手掛ける株式会社ディスコ(東京都文京区)は4月6日、新型コロナウイルスの感染拡大による2021年卒採用についての緊急調査結果を発表した。この調査は、2020年3月26日~30日の期間、全国の主要企業13,920社を対象にインターネット調査を実施。なお、回答社数は864社である。

調査結果によると、新型コロナウイルス感染拡大による採用活動への影響について、「かなり影響がある」と答えた企業は46.3%、「やや影響がある」が42.2%と、影響を受けたと回答した企業は全体の約9割にものぼった。中でも、従業員数1000人以上の規模の大きい企業ほどその影響を受けたと答えており、大手では5割強を占めている。また業界別では、ITや商社・流通の5割近くが「かなり影響がある」と答えている。

3月下旬時点の採用活動状況については、「基本的には進めているが、⼀部⾒合わせている」と答えた企業が47.7%と最多となった一方、「採用を取りやめる」と答えた企業はわずか1%未満だった。また2021年卒採用予定数に関しても、全体の7割が「当初の計画通り」(70.6%)と答えており、前年比でも5割超(55.0%)の企業が「前年と同程度」との回答が得られた。

WEB活用の状況については、WEBセミナーを「新型コロナウイルスの影響で新たに導入した」企業は3割強(34.0%)にのぼり、「もともと実施していた/実施予定だった」と答えた企業(16.3%)を合わせて半数以上(50.3%)がWEBセミナーを実施している。また、WEBセミナーを実施した企業のうち、約6割(57.3%)が「収束後も利用したい」と答えたことからも、WEBを活用した採用活動は今後も拡大することが見込まれる。

一方で、自社の採用活動に危機感を持つ企業は全体の9割超(91.5%)を占めており、「合同説明会がなくなり、学⽣と接点をもてる機会が⼤幅に減ってしまっている」「他社の動きが分からず、合わせることができない」といった採用担当者の声も挙がっている。

このたびの調査結果により、新型コロナウイルスの感染拡大による採用活動への影響は計り知れないことがわかる。しかしその一方で、WEBセミナーの実施により、これまで居住地などの関係から参加が難しかった学生との接点が増えたことで、新たな母集団の形成ができるというプラス要素もある。いずれも、新型コロナウイルスの感染拡大は、従来の採用活動のスタイルを大きく変える分岐点となるのかもしれない。

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」