ニュース

日本の配送サービス企業で働いてみたい在留外国人は7割、月給20万円以上希望が5割以上、YOLO JAPAN調べ

226か国と地域の在留外国人約13万人以上が登録する日本最大級のメディアを運営する株式会社YOLO JAPANが、在留外国人を対象に「配送サービス」に関するアンケート調査を行いました。アンケートは2019年9月30日から10月30日まで行われ、94か国915名の回答がありました。

まず、日本の配送サービスの企業で「働いてみたい」または「給料が良ければ働いてみたい」と回答したのは72%(656人)でした。今回のアンケート調査の回答者のうち、配送サービスの仕事の経験者が10%(89人)だったことに比べると、多くの割合の人が配送サービスの企業で働いてみたいと考えていることがわかりました。

そのなかで、希望する月給については、20~29万円が42%(277人)ともっとも多く、次いで30~39万円が21%(141人)、18~19万円が11%(69人)でした。

働いてみたい配送業の種類については、もっとも人気だったのがUberのような自転車便で39%(259人)、次いでドライバーが28%(182人)、バイク便が26%(174人)と続きました。理由には「体型維持のため」(ノルウェー、20代、女性)、「日本の色んな場所に行ってみたいから」(ベトナム、30代、男性)、「自転車に乗るのが好き。工学部でエンジニアの勉強をしているので、物流のマネジメントも興味がある」(アルゼンチン、20代、男性)、「収入のために副業でやりたい」(インドネシア、30代、女性)などがみられました。

今回の調査では、回答者の98%(893人)が日本の配送業についてよい点があると評価しており、「早くて、時間通りに届く」「親切で丁寧、安全」「再配達ができる」などが理由としてあげられました。このような高評価がみられる配送サービス企業で働きたい方も、きちんと考える時間をとり、条件に合う企業に就職できるよう、就職情報サイトや求人サイトを活用するなどして就職活動を行ってみてください。

【関連ページ】YOLO JAPAN
【コーポレートサイト】外国人の人材採用や海外向けの市場調査なら株式会社YOLO JAPAN
【関連ページ】外国人向け求人サイトのまとめ
【関連ページ】外国人の求人に強い就職・転職エージェントまとめ
【関連ページ】外国人向けアルバイト求人サイトのまとめ

The following two tabs change content below.
jopus編集部

jopus編集部

jopus編集部は、さまざまな業界知識が豊富なスタッフが日本で働きたい(働いている)外国人留学生・社会人の皆様にとって役に立つ情報、ぜひ知っておいてほしい情報を分かりやすく解説しています。/外国人の仕事探し・就職・転職支援メディア「jopus」